読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京

東京に住み始めて 3 週間ほど経過しました。セッションに行ったり大学時代の先輩と食事をしたりとそれなりに楽しんでいます。

先輩と話した中で「人が集まるという部分で、やはり東京は便利だね」という話題になりました。

例えばモノに関していえば地方都市でもそれなりに充実しています。博多に住んでいた時は、天神やら JR 博多シティで手に入るモノで大抵満足していましたし 、渋谷や池袋で買い物をするより人が少ない分楽でした。ネット通販も併用すれば、満足できるモノは十分手に入るわけです。

しかし、人となるとそうはいかなかったりします。旧友なんかはほとんど九州に居なかったので、まぁ限られた人と遊んだりという事になります。ジャズをやるにしてもやはりプレイヤーが少ない。ビッグバンドもセッションも、絶対数が少ないです。そうなってくると、例えば「自分の都合のいいコミュニティを見つける」といった事も大変で、なかなか活動ができなかったりします。一方で東京だと、まぁ大体毎日どこかしらでセッションをやっているので、ある程度融通が効きます。まぁ、少ないコミュニティの中で密な関係を築くというのも尊い事ですが、それでも取っ掛かりが難しいという欠点はあります。

これらの例はあくまで自分にとってはそうだった、という事だけで、人によっては「欲しいものが手に入るのはやっぱり東京しかない!」みたいな結論になるでしょう。実際、街で食事している時にそんな理由から地方には住みたくないみたいな事を言っている人も居ました。

結局のところ、東京は「ヒト・モノ・カネ」が揃いやすいので、そこに住む人にとって大切だと思うファクターがあぶり出される、というだけの事かもしれません。