読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異動

本日最終出社となりました。今までは携帯電話のエリアに関する仕事をしていましたが、異動という事で、今の業務とは全く関係のない業務に従事する運びとなりました。

社内のローテーション制度という事で仕方ないところですが、約 3 年間、縁もゆかりの無い福岡で働いていたのは何だったんだと言う感じではあります。もちろん、仕事をする上で共通の能力というのはありますが、業務の中で得た技術的知見というものを活かせる部署に配置してもらいたいものです。

規模の大きい組織に身を置く以上、その組織は社員ひとりひとりを見ているわけではない部分も大きいです。特に自分のような「若手」は丁度いい駒でもあったりする所だと思うので、ある程度は仕方のないところではあります。とはいえ、一つの会社にとどまる事が人生ではないとも思いますし、組織を通じて自分のやりたい事というものがあるならば、自分でリスクを背負って選択していかなければならないところなのかなと学んだ今日この頃です。

というわけで、自分の不遇を会社のせいにするだけか、それとも与えられた環境に順応するか、自ら進むべき道を切り開いていくか、そんな選択に迫られています。