読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The High-Velocity Edge - Chapter2

The High-Velocity Edge に関する記事一覧は こちら

Chapter2 について
シンプルであったシステムと、複雑になったシステムについて記述されている。

過去のシステムはとてもシンプルであった。いくつかのピースで構築されたシステムは、我々が見ても容易く理解できる程度のものであった。

一方で、現在のシステムはとても複雑である。システムの部分部分に精通している人はいたとしても、誰もその構造や振る舞いを完全には理解していいないだろう。

技術の進歩に関する二つのジレンマ

技術が進歩していき、システムが複雑化していくことに対するジレンマの例。

car technology

1960 年代の自動車技術はとてもシンプルであった。いくつかの分野について理解していれば問題なかったし、その分野も理解としては限定的なものでよかった。

一方で、現在の自動車技術はとても複雑である。材料、動力、制御といった基本的な構成要素も多様化・進化しているし、安全技術やナビといった「走るだけではない」技術についても要求される。

昔は自動車といえば十代の若者が簡単に組み上げることができた。今やそんなことができる若者はいないだろう。

medical care

昔はやはりとてもシンプルであった。surgical team と nursing team が存在するだけ。そしてそれは一つのフローの中に組み込まれていた。surgical team によって処置を受け、その後、nursing team から看護を受けるといったように。

今は医療の発達とともに、検査、処置、その他のプロセスにおいても高度化している。結果としてはフローは一つの流れるようなものではなく、行ったり来たりするような複雑なものとなった。

とはいえ、昔であれば治らなかった病もそのおかげで治せるようになっている。