情報処理安全確保支援士

IPA からメールが届いた。情報処理安全確保支援士の申請が受理されたとのこと。

もともと、会社の方から「情報セキュリティスペシャリストの資格がある人は申請してね。申請費用は会社が負担するよ!」という事で申請したのだけれど、これがなかなか骨の折れる作業で、費用もなんやかんや2万円程度かかる。

また、この資格の困ったところは、定期的に研修(オンライン、オフライン両方)を受ける必要があり、またその費用も結構な額になるところだ。Cisco などのベンダ資格に通じるものがある。

しかも、ベンダ資格と違い、特に認定されたところで特定の機器の扱いに対しての専門性が保証されるというわけではない。セキュリティと言っても、DDoS のような攻撃もあれば、OS の脆弱性を突いた不正アクセスsql 構文周りの仕様とアプリのコーディングミスを突いた乗っ取り、はたまた情報弱者を狙った標的型攻撃など様々だ。情報セキュリティスペシャリストでは、名前と反して、これらを網羅的に把握したいわゆるジェネラリストであることの証左には向いているが、セキュリティの資格があっても DDoS 攻撃に対する自衛措置(FW の設定を適切に行うとか、Traffic 解析を行い、特異なアクセスを遮断するとか)ができるわけでもなく、パスワード総当たり攻撃を想定してそれに強い運用ポリシの設計ができるわけでもない。その延長である情報処理安全確保支援士とて、同じであろう。

IPA の資格は基本的に、国家資格であり、なんとなくベーシックな知識を持っているという事が示せるというところが売りで、かつ更新料もかからないので個人でもそこそこ気軽に取れる(ので就職活動の時にさらっと書くために取っておく)みたいなノリで受けている人も結構いるのではないかと思う。あとは昇進のためとか。

更新料がかかるわ講習も受けないととなると、あまりふわっとした理由で取ることが憚られる。具体的な要件に充足することを証明する資格ではないものについて、個人がそのメンテナンス費用を払えるかというと微妙だし、会社としてもそうだろう。

今後こういった講習を受けるのはいいとして、その費用は会社が出してくれるのだろうかという若干の不安を抱えている。

新しい事

今やっている仕事は、いわゆるプロジェクトマネジメントをやるような立場なのだけれど、なかなか大変である。

プロマネ自体が経験ない中で、手本となるような人も近くにおらず手探りでやっている。部署もできたばっかりだし、扱っているものも先行開発品というような代物。当然自分の専門外のところが問題となるところも出てくる。しかもその問題に対処できるようなバックグラウンドのある人がいなかったりする。そもそも人の絶対数が少ない。

何か大きなものであったり新しい事にチャレンジしたりする場合、こういった状況はつきものなのかもしれない。新しいが故に、リファレンスがない。体制もきちんと整っていない。マニュアルもないので効率も上がらない。そんな中で要員は一般的な部署よりも軽めに見積もられたりする。それはまぁ仕方のない事なのかもしれない。

「新しい事にチャレンジし、差分を出していく事に意味がある」と考えていたが、今までいかに自分が準備された組織の中でパフォーマンスを挙げていたかがよくわかる。本当に力のある人は、効率的で、問題が起きた時に救える体制を持つ、いわゆる強い組織を一から作り上げていくような人なのだろう。

とはいえ、一歩ずつ前に進んでいくしかないことだけは確かだ。新しい領域に身を置くというのは、とてもしんどい事ではあるけれど、一年振り返ったらそれなりに得るものも多いのではないかなと思う。

韓国出張で、とある大企業を見たり聞いたりした話。

以下、一般的かどうかわからない話。

福利厚生と企業の雰囲気

日本の福利厚生と韓国の福利厚生は毛色が違うとの事。日本だと、交通費、住宅手当、保養所、社割というのが一般的な福利厚生のイメージ。一方で韓国の場合、(住宅手当は無いが)三食社食が無料、(交通費は出ないが)送迎バスがある、といった感じらしい。拠点の中には卓球場やらフィットネスやら色々と揃っていて、一つの街のようになっている。

日本の場合は、家庭と会社が完全に分離しているような印象があるが、韓国の場合は会社も一つの家族のような共同体なのかもしれない。実際、社内の雰囲気はとてもリラックスしている。服装は自由だし、皆の喋り声で溢れている。

人柄

大らかな人が多かった。仕事にも協力的。やりたい事、背景、根拠をきちんと説明すると、真摯に対応してくれる。ミーティングの時にはちょっと怖そうな雰囲気だった人も、帰り際には「カムサハムニダ〜」と笑顔で見送ってくれるという感じ。

向上心と就職難

通訳の人は、会社に通いながら更に博士課程で勉強をしているという話をしていた。「すごいなー」と日本人の一同が感心していたが、韓国の人から言わせると、「そこまですごくは無い」という事らしい。韓国では就職難はかなり深刻らしく、常に向上心を持って自身の能力を上げていかなければ生きていけないそうだ。

無題。

小林麻央さんが亡くなった。34 歳、おおよそ三年間(実際には 2 年 8 カ月とのこと)の間、がんと闘病していたようだ。

自分が今からがんになったとして、2 年 8 カ月でどのような人生が送れるだろうか。上の子供は小学生になり、下の子供は幼稚園に通っていると想定される。

過去 3 年間を振り返ってみると、自分自身は大した成長があるかどうかは微妙である。しかし、子供たちの成長を振り返ってみると目を見張るものがある。三年というのは短いようであるが、非常にかけがえのない時間だ。

中学校も 3 年間だし、高校生も 3 年間。大学生は 4 年間だけれど、学部で基礎的な勉強をするのは 3
年間だ。学部 4 年目からは研究室に配属され、修士課程に進めば計 3 年間研究に打ち込む事になる。

長く生きるという事は望ましい事だが、それが幸せになるための必要条件でも十分条件でもない。重要なのは、何ができるか、その先に何があるかを見定めることなのかなと思った。

おそらく、子供たちは今の調子で 3 年ごとに成長していけば、幸せな人生を送るための基礎を持った人間になっているだろう。そういった展望、確度を高めていく事が、人生にとって重要だ。そのためは長い年月が助けになるが、それがすべてではない。

NEC Lavie Note Mobile

ASUS VivoBook E200HA の調子が悪く、NECE Lavie Note Mobile を新規に購入した。モデルは量販店の最低スペック。

サイズ

f:id:yutakusto:20170624000913j:plain

小さく、軽く、持ち運びしやすい。このサイズであればカフェのカウンターにもいい感じに収まる。


f:id:yutakusto:20170624000924j:plain

iPad Pro 9.7inch よりはちょっと大きい。


f:id:yutakusto:20170624000939j:plain

iPad とセットで、Amazon のケースに入る。

基本性能

CPU, memory, Wi-Fi のスペックはそれほど良くないがブラウジング、Office (PowerPoint, Word, Excel) の利用には耐えられる。ファンレスなので音も気にならないし、SSD なので起動も早い。

Capture One(RAW 現像ソフト)を起動させて、写真の編集なんかをすると、ワンテンポずれるような感じはある(Adobe Lightroom for iPad のようなタイムラグ)が、慣れれば普通に使えるかなという印象。

いずれにせよ、ディスプレイサイズが 11 inch なので、あまりヘビーな作業をやろうという気にはならない。HDMI で大きなディスプレイに繋いでバリバリと作業したいというのであれば、CPU 等のスペックを上げるのが良いのかも。

ちなみに、Wi-Fi のスペックは 400Mbps 程度と、他モデルより低い。通販だと +1000円で 800Mbps 程度に上げられるが、サポートしている変調方式の差なのか MIMO ストリーム数の差なのかは良くわからない。前者であれば実環境ではさほど実行スループットはあまり変わらないのではないかなとは思う。

バッテリー

公称 13 時間程度とのことだけれど、そこまで持つ印象はない。Dropbox やら Skype やらいろいろ動いているからだろうか。そもそもChrome の消費電力が大きいという話もあるので、使い方なのかもしれない。

とはいえ、ブラウジングしながら OneNote, word, Excel を使って情報をまとめたりするくらいであれば、4時間くらいは普通に持つ感じ。ちなみに Skype で DMM 英会話をしたら、30 分で 10% くらいバッテリーが減った。

キーボード

少し打ちづらい気もする。ASUS のキーボードは良かった。ただ、Lavie Note Mobile も慣れれば問題なくタイピングできる。半角ボタンが ESC と F1 の間にあるのがちょっと微妙かなという気もする。これに慣れてくると、会社等で使っている PC で半角全角変換ボタンを押そうとしてうっかり F1 ボタンでヘルプを呼び出したりしてしまう。

インタフェース

SD, HDMI, イヤフォンジャック、USB が 2 つ。全部背面に付いているのが面白い。カフェなんかだと、電源をさしてしまうと背面をぴったりとカウンター奥に付けられなくなるのが難点となる。ただ、ケーブル類が横にのびなくなるので、それはそれで良いのかもしれない。

ちなみに、カメラがヒンジ部分についているのは微妙。Skype しながらキーボードを叩くと、相手に手が映ってしまう。また、カメラが見上げるような画になる(下から映す)ので、ちょっと傲慢な感じの印象を相手に与えるかもしれない。

サウンド

PC 内蔵のスピーカーはイマイチ。チャットするならヘッドセットは必須だろう。ヘッドフォンをすると、音質は良い。

まとめ

良い。単純なスペックで比較すると、海外の PC の方が安くて高性能ではある。しかし、NEC Lavie Note Mobile は何より小さくて軽いのが良い。

突如として大変な案件に放り込まれた話

4 月から体制変更という事で、突如として(予告はあったものの)大変なプロジェクトに放り込まれることとなった。

OODA に当てはめると下記のような感じ。

状況把握

一週間の状況を観察すると、以下のような状況であった。

スケジュールが明確となっていない

一つずつのプロジェクトの完了時期は明確になっているものの、それまでにどういうステップをどの時期までに実施するかというものが明文化されていない。ガントチャートもなければ、プロジェクト計画書もない。そのため、アクションアイテムもない。

要員計画が明確となっていない

スケジュールが怪しいので、要員計画もざっっくりとしている。現状、3 人がアサインされているが、これが適正人数なのかも評価できない状況となっている。

予算管理ができていない

スケジュールが怪しいので、やはり予実管理もできない。よそからみると、突然お金を使いますと言い出し始めたり、いつのまにかお金が使われているような状況に見える。

方向性

  • 個々がパフォーマンスを出すためには見える化が必要
  • どのプロジェクトも現状不確定要素が多く、詳細なガントチャートを作ることはしない
  • 各プロジェクトの目的を明確にした上で、その目的を達成するための条件を Mission を定め、それぞれの Mission の期限を仮設定する
  • Mission をドリルダウンしていき、アクションアイテムを設定する
    • アクションアイテムも、当然、進捗が上がれば消化されていくが、逆に、アクションアイテムを消化する事や状況の変化、新たな発見によってアクションアイテムが増えるケースもある。
    • アクションアイテムの総数はプロジェクトの完遂に近づくにつれ漸近していく
      • 初期のヴェロシティはアクションアイテムの総数を増やす事で評価する事になる
      • 中期、後期にしたがい、アクションアイテムの達成率が重要な指標になる
  • 各プロジェクトの一元管理ができてきたタイミングで、お金の予実管理もできるように統合していく

判断

  • プロジェクトの遂行についてはチーム内のリソースにて消化していく
  • お金の管理については、部全体の最適化が必要であることから、別途部として体制を構築した上で管理フローを整理する

実行

上記を粛々と実行。

英国海兵隊に学ぶ 最強組織のつくり方

英国海兵隊に学ぶ 最強組織のつくり方

通訳について

今日、中国の企業の人たちとミーティングする機会があったのだけれど、相手の考えが全然理解できなくて困った。

相手の人たちは中国出身であり、そのミーティングに参加した同僚も中国出身であったため、ミーティングは中国語で行われ、自分だけのために通訳が入るという状況であった。

会話のペースが早いというところもあったが、基本的には通訳の人は適切に通訳をしてくれていたように感じる。しかし、その訳された言葉が全然頭に入ってこない。

普段日本語や(拙い)英語でどうしているかを考えてみると、全ての文章一つ一つを理解しようとはしていない。おそらく、聞いた文章を一字一句書けと言われれば、無理だ。会話であれば、せいぜいアクセントの強い単語をピックアップして話の流れを感じ取っているだけだろうし、文章でも拾い読みする事が多い。引っかかるところがあれば、会話の場合はインタラプトすればよいし、文章であればきちんとその部分だけ読み直せばよい。

通訳を介すると、そういったメリハリがなくなってしまう。通訳の人も、私見を排除する目的であえてアクセントといった抑揚をなくしている(淡々と翻訳していく)のかもしれない。そういった言葉は、少なくとも自分の場合は頭に入ってこないし、通訳によるタイムラグがあるため、適切なタイミングで割り込みもかけれない。

よくよく考えてみれば、日本語でも、淡々と読み上げるだけのプレゼンや、カミカミのプレゼンなんかはちっとも頭に入ってこない。それは、無意識のうちに強調されたワードだけを頭で拾っているからなのではないかと思う。逆に、言えば、どうでもよいところは流暢に失敗なく読み、必要なところだけ強調して話せば、聞き手はあらかたわかった気になれるのではないか。

話を戻すと、自分の言葉で喋る事、相手の言葉を理解する事は、お互いの理解をスムーズに深めるためには重要なのではないかと感じた。世の中には、「英語なんて勉強しなくても、必要なな時には通訳を雇えばよい」という意見もあり、それも一理あると思う。しかし、自分が使える言語で会話をするというのがニュアンスを感じ取って理解するためには不可欠だなと思った出来事であった。